高齢化

こんにちは、営業の北谷です。

弊社事務所のある加古川市北部はかなり高齢化が進みおそらく60歳以上の世帯は50%以上になるんじゃないかと思います。

これからはシニア世代の住み替えやバリアフリーのご相談も増えてくるだろうなと考えています。

以前から空き家が多いのは気づていましたが、営業で歩いているとかなり増えた気がします。

高齢化になり田んぼを手放し、開発工事が行われ建売住宅が立ち並びます。

広い敷地で2000万以下の価格で売り出されるとすぐに完売してしまいます。

若い人たちが引っ越してきて活気がでるのは良いことですが空き家になったお宅は、終の棲家への住み替えやお亡くな

りになられて相続人がほったらかしにしている方が多いみたいですね。
 
駅から近いマンションやサービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホームへ「元気なうちに住み替えたい」という人が増

えてきています。中でもサービス付き高齢者向け住宅は年々数が増え、現在は15万戸を超えています。

バリアフリー構造で一定の面積と設備があり、生活相談と安否確認のサービス提供が義務付けられている賃貸住宅で

す。介護や生活支援などのサービスについては外部の介護保険業者と別途契約をします。

建物の中にコミュニティーの場があったり、総合病院への無料送迎サービスがある大きなマンションが、すぐに満室に

なりニュースなどで話題を呼んでいます。

費用は地域や物件、サービス内容により差がありますが、平均的な月々の費用は約13万円という実態調査結果が出てい

ます。それ以外に生活費や医療費がかかってきますから、やはり最低月25~30万円の確保は必要でしょう。

最後まで自分の家で過ごせれば一番幸せですが、なかなかそれができる人は少ないのかなと思います。弊社では末永い

お付き合いをして頂くため古くても今お住まいのバリアフリー化、ヒートショックを防ぐリフォームを提案させていた

だき最後まで自分の家で過ごすことができることのお手伝いをさせていただきたいと思います。






___________________________________


[PR]
by beli-eve | 2015-09-06 16:18 | Comments(0)